coralseven 珊瑚ななの357メソッド

 
   
 

 
  home占い鑑定数秘術講座開運名刺357メソッドとはブログ  
 

coralseven357 トップ 357メソッドとは

 
 

珊瑚なな・357メソッド

357メソッドとは、357(珊瑚なな)が現代数秘術講座の中で使っている「学ぶべきことの“本質”に楽しく到達するためのオリジナルアイディア」のことです。

一般的な数秘術講座ではまず数の意味の説明から始まります。

生徒さんは、教わった数の意味を暗記して、それをもとにセッションに挑みます。

でも大抵の方は、一生懸命数の意味を覚えても、結局は自分が使いやすい、いくつかの語彙ばかりを使ってセッションすることになるでしょう。
または、テキストが手放せず、お客様の前ですら、ノートやテキストを確認しながらでなければセッションができない、という方も多いです。

いずれにせよ、自分の勉強した極わずかな語彙の型に、お客様を当てはめるようにセッションをすることになります。


良心的な鑑定士であれば、人間というあまりに輝かしい多彩な個性を、極わずかな語彙で表現していくことに心細さを感じるはずです。

数を一体どう伝えていけばいいのか…迷いと悩みのスパイラルに入ってしまい、いまいちピンとこない感覚に負けて…だんだんとセッションをしなくなるか、してもどこか後ろめたい感覚がつきまとうかもしれません。


私は、数の意味を「暗記する」ことに全く意義を見出せません。

そもそも、一般的に出回ってテキストに書かれている「数の意味」が、セッションの上でいかに現実味がなく、お客様にフィッティングしない言葉の数々であるか…様々な数秘鑑定を実際に受けてきて、私自身が不満に感じていました。


だからこそ、本当に現場で求められるセッション…お客様の腑に落ちて、言われてほっとする、愛のある言葉の紡ぎ方を、もっと多くの数秘術師が身につけるべきだ、という思いから357メソッドを考え出して、講座の主体としています。

数を覚えるのではなく、考えて、仲良くなる。
357メソッドで、数秘術を根本から楽しんでみませんか?

上に戻る

 

私の数秘術講座では、テキストがありません。

基礎編ではワークブックを使って、数の意味を一緒に考える作業を、徹底的に行います。ワークブックと言っても、数がぽつんと書かれたほぼ白紙のプリントです。

強化編、応用編でも、最低限の情報だけがプリントされていて後は空白です。ひたすら、書き込み、書き込み、書き込みで勉強していただきます。

スカイプの画面共有を使って受講生さんの思考をナビゲートしながら、出てきた言葉や私の考えを画面上に次々書いていきます。
それをノートにとっていただきながら、ご自分だけのボキャブラリーでアイディアノートを創りましょう。

上に戻る

シンボリック・ナンバーバイブレーションとは数学者ピタゴラスが「万物の根源は数である」としたことにヒントを得て、数のもつ固有の波動を見つめ、連想ゲームのように数の意味を紐解いていく、というメソッドです。

こうして文字にすると難しそう…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、難しいことは一切ありません。

シンプルな楽しさと、不思議な奥深さを実感しながらそれぞれの数の個性を知る喜びを感じていきましょう。

型にはまった数の意味をただ覚えるのではなく「なぜそういう意味になったのか」という根本を発見していくことで自分ならではの数の解釈、言葉の紡ぎ方が出来るようになります。

上に戻る

イメージングBOXという、ある一定の法則のBOXに数をいれてイメージしていくことで、数の個性、得意なこと、やりたいことなどを発見していくメソッドです。

数の意味を法則から見つけていくので、基礎編のシンボリック・ナンバーバイブレーションでは見つけられなかった数の個性を発見できたり、数同士の相性、数の進化の過程がよくわかります。

セッションの語彙を増やすのにとても有効な講座です。

上に戻る

数秘術では、1~9までの数にそれぞれ図形があてがわれています。

例えば、1は点、2は線、というように。

1が点である意味、2が線である意味を、図形の進化の過程をじっくり紐解きながらストーリーにしていくことで、シンボリック・ナンバーバイブレーション、イメージングBOXとは違う視点から、数の個性や相性、性質を読み解くことができます。

それぞれの数の、思いやりあふれる生き方の進化を知ることでより数に愛着がわいて、セッションの際の言葉に大きな変化が生まれることでしょう。

上に戻る

数秘術のゲマトリア(アルファベットを数に変換する手法)では、まず氏名からの使命リーディングをします。

その後に、氏名からの使命リーディングを基本として、発展形としての前世リーディングを行っていきます。
ゲマトリアを使って「カルマ」「宿業」というのを導き出すことは一般的にもされていますが、カルマや宿業という言葉はどこか一方的で暗く、知りたくないと思う方も多くいるでしょう。

357メソッドの一つである「ゲマトリアからの前世リーディング」では、カルマや宿業ではなく、どんな人生を過ごした前世があったのか、何を願って今生に生まれ出てきたのか、を確認していきます。
スピリチュアルなセッションではなく、数の意味を踏まえて、あくまで現実的に想像していきあなたの前世像を導き出します。

このメソッドを使うことで、今生で自分でも不思議に思っていた思いグセや職業選択などに、不思議な意味を見出すことが出来るようになります。
前世を考えることで、今の自分を受け入れるためのきっかけにしてほしいから…曖昧な現実味のない前世は出てきません。
今のあなたにつながるような、個性的で人間味のある人生を発見してみましょう。

誰にでも必要なセッションではありませんが、時にこのセッションが、今の自分をより大切に思うためのきっかけとなったり、勇気を得る、自信をつかむきっかけになります。

数秘術でのちょっと変わったセッションのひとつとして、前世リーディングメソッドを身に着けてみませんか?

上に戻る

数秘術では全体周期、個人周期と呼ばれる時期読みの手法があります。ですがそれだけではざっくりとしすぎていて、占星術や四柱推命のような具体的な時期読み、運気読みとなるとなかなか難しい部分があります。

357メソッドの一つ、「時期読み複合カスタマイズ」を習得すると、個人の運気の使い方(金運、恋愛運、結婚運、仕事運、ギャンブル運など)や転機がいつ訪れるのか、などがわかるようになります。

セッションでよくある御質問

「いつ結婚できますか」
「いつ転職すべきですか」
「私に金運はありますか」

などに具体的なアドバイスを交えて答えることができるようになります。

上に戻る

数秘ダイスとは、0~9までの数がかかれた10面体ダイスを使って、卜術(ぼくじゅつ※偶然出た目から運命を占う方法)としての数秘術を楽しむ占い方です。

逆数秘術という、オリジナル数秘の創始者「後藤貴司」先生が考案した「ヌメロロジカルダイス」を参考に、後藤先生の承諾を得て発展形としての「数秘ダイス」が誕生しました。

基本の7色(チャクラ色)と、その他カラフルな可愛いダイスを使って色の印象も取り入れながら、数秘でタロットのような質問を楽しめます。

・彼の気持ちは?
・こうしたらどうなる?など

数秘術の新しい可能性を楽しむ事ができます。

※数秘術講座【基礎編】以上を修了の方を対象に、357式数秘ダイス講座を開催しています。興味のある方はお気軽にお問合せください。

【問合せはこちら】

上に戻る

占い鑑定のお申込み

占い講座のお申込み

ツイッター

facebook

 
 

HOME  占い鑑定  数秘術講座

開運名刺  357メソッドとは  ブログ

 
 

Copyright Coral Seven*357. All Rights Reserved.